ゆっくりお話ししましょう

  1. カウンセリングを受ける
  2. 47 view

ブログ間文通 緊急番外編(追記あり)☆ よこたに、ふぁーこさんのカウンセリングを受ける、の巻

あるべきようわ。

こんばんは。

心理カウンセラーのよこたにです。

今回はブログ間文通でもお世話になっているふぁーこカウンセラーのカウンセリングをつい最近受けた話を書いていこうと思います。

私はカウンセラーと名乗りながらも、実はあまりカウンセリングを受けた事がありません。

以前ある方のカウンセリングを受けた時に、カウンセラーさんからの決めつけが激しいと感じて「ちょっと無理…」となったことがあったり。

また(一応)カウンセラーとしては、自分の悩みや感情に対しては「同様なご相談があった際にどうやって答えていくか?」というケーススタディとして捉えようとしているから。その結果、時間はかかっても自問自答して何とか「答え」というか、着地点を見出してきました。

周囲からの相談を聴くことはあっても、自分の抱えるものはあまり話さない方だと思います。友人たちのことはそれぞれ大切で信頼しているけれど、自分のことは何だか話せない。それはそれでいいと思っているし、わざわざ聴かせなくてもいい。あまり心配も迷惑もかけたくないのです。

そんな私ですが、先日、私の心に緊急メンテナンスが必要な事態が発生しました。

どうしたら良いかわからなくなり、つらい。苦しい。涙が滲みます。

大丈夫だよ!

これまでだって何度も乗り切ってきたじゃない!

でも、心の容量オーバーになっているのもわかります。

 

その時に思い出したのがいつも ブログ間文通でお世話になっているふぁーこカウンセラーです。

ふぁーこさんは根本裕幸お弟子講座の1期修了生で、私は3期生。期は違うのですが、ずっとお世話になっています。

以前から「何かあったら使ってね!」とカウンセリングチケットを発行してもらっていたのですが、それはまあ「心のお守りとして取っておきましょう」と思っていました。(それだけでも心強いものです)

 

でも、今はもしかして、人に頼ることが必要ってこと?これがサレンダーってこと?

カウンセラーさんに、ちゃんとこの状態を聴いてもらうべきときなんだよってこと?

と、いう言葉が頭に浮かび、そこからは冷静になってふぁーこさんへ連絡です。

連絡してからは落ちついてきた分、別のネガティブが浮かんできます。

そもそも、他人に相談しなくてもいいんじゃないの?

それほどのことなの?自分で対処するべきことじゃないの?

海外のふぁーこさんとは時差もあるし、予定もあるだろうし…お願いしていいわけ?

さらには自分の心の内側を相手に見せるのも、見られるのもこわい、という葛藤。

また、カウンセリングを受けるときには状態を話す必要がありますが、言語化するのが苦手だし、うまく伝えられるかどうかという不安もあります。

ふぁーこさんは早速動いて下さり、その日のうちに予約をお願いすることが出来ました。Webミーティングの連絡が届く頃には こちらも「ああ、肚をくくらねば」と覚悟が決まりました。(……私にとっては他人に相談するだけでも、これほどまでにハードルが高いということが今改めてわかって苦笑中です……)

 

突然の連絡にふぁーこさんも驚いておられましたが「こういった状況が発生していて、容量オーバーになっている」ということをお伝えしていきます。

その頃にはほぼ平常心を取り戻していて、こちらも笑いながらの説明です。「良くカウンセリングに来てくれたね、それはとても大切なこと」と受け止めてもらうことができました。

ふぁーこさんからの言葉としては大きく2つ。

· とにかく感情を外に吐き出せ。カウンセリングでもいいし、好きなことをしたりとかでもいい。

· でないと、(ふぁーこさんが)心の浣腸をするよ?!

 

ええ〜〜〜(笑) 心の浣腸って、すごいパワーワード! 確かにわたしたちの師匠は「感情はうん◯と同じ☆」と仰ってましたよ? でもそこからそんなことになるとは!(笑)他にも愛にあふれるお言葉をたくさんいただき、カウンセリングは終了しました。

そうそう、絶対に後でひとり反省会とかしないように!というのも言われておりました。

カウンセリングを受けたからといって、すぐに夢のように現実は変わらないかもしれない。でも心の危機に対して自身が確かに動いた。その結果、いずれは自分や周囲、事態など何かを動かしていくのではないかと体感できたこと。それがカウンセリングを受けることの恩恵なのだと思います。

クライアントとしての私を受け止め、見守っていこうとしてくださっているふぁーこさんには改めて感謝♡です。本当にありがとうございました。そして私もこんなふうに、クライアントさんに安心して話をができる場をつくり、相対していければなあ…とも思える時間にもなりました。

 

今回カウンセリングを受けた話を記事にしたのは、自分の備忘録でもあります。カウンセリングを受けることに対して、思っている以上に葛藤があるということ。それを乗り越えて、カウンセリングを受けることで見えてくるものがあるということ。これからカウンセリングを受けてみようとしている他の方へも、この文で拙いながらもお届けできればいいなあと思っています。

まだまだ こっからです。

☆追記☆

この記事を受けて、ふぁーこカウンセラーからのブログが更新されました。

 

ではでは。

 

 

 

 

カウンセリングを受けるの最近記事

  1. ブログ間文通 緊急番外編(追記あり)☆ よこたに、ふぁーこさんのカウンセリングを受ける、の…

  2. 岩橋カウンセラーの焚火お茶会に行ってきました♪221210

  3. ふぁーこさんと はなす~メカブと女将と両想い

  4. カウンセリング実習会in大阪~「これで良かったのかな」から、つらつらと。

  5. 岩橋カウンセラーのお茶会に行ってきました~「いま ここ」が「ここ」にある

関連記事

PAGE TOP