ゆっくりお話ししましょう

  1. 未分類
  2. 36 view

推しは推せる時に推せ!SixTONES

あるべきようわ。

こんばんは。

心理カウンセラーのよこたにです。

突然ですが、先日SixTONESのライブに行ってまいりました!

SixTONESとは?という方はこちらをご覧ください☆

また、ライブについて、何も知らないままでいたい方は今日はここでお戻りくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想としては

すっっっっっっっっっっっっっっっっっごく良かった♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

ほんとにSixTONESの人たちっているんだ!

ぽわわゎゎゎゎゎぁぁぁん♡♡♡♡♡♡

に尽きました♡

それしか言うことないですもん。

 

終わり♡

 

 

 

 

 

 

 

✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩

 

さあ、ここからはただのヲタクの備忘録となります!

ライブに行けると決まったのは本番2日前。なんの根拠もなく「行ける!」と思っていたけれど、本当に行けるとなると思考が吹っ飛びます。自名義ありがとう!

まずお弟子講座同期のヲタクカウンセラー(完全に先輩☆)と中学時代からの友人に報告。

帰宅時に双眼鏡とモバイルバッテリーを買う。あまりにもうっきうき♪のため、これはケガして行けなくなるかも?と不安になる。「落〜ち〜着〜け〜!!!」とこころの中で唱えまくります。

 

SixTONESのことが気になりはじめてほぼ2年。You Tubeを見て、ラジオを聞いて、生で音を聴きたいと願って、ついにきたこの日。初めてのSixTONES!初めてのドーム!絶対楽しめると思っていても緊張してしまう。新譜を聴くことで紛らわせます。

 

いよいよ当日。

乗換駅を経るごとに増えていくSixTONESファン。この人たちみんながSixTONES好きなんだ!と思うだけでじーんとします。ファン歴の長短はあっても、SixTONESが大好きな人ばかり。これまでのツアーグッズを持参されている方も多く「ここにもおられる♡」と心のなかでつぶやきます。

最寄り駅から出て少し歩くと、どかんと現れるドーム。遠くから見たことはあったけれど、想像以上に大きい!

会場でのグッズ購入を別途申し込んでいたのですが、指定時間帯よりも偶然に早めに買うことができました。

開場時間までまだまだ時間があります。いつもなら、大好きな建物見学や周りの散歩?をしたいところですが、このときの私は結構な風邪引き状態。喉の痛みに溢れる鼻水。SixTONESのメンバーに絶対わかるわけないけれど、ライブ中鼻水まみれなのはイヤ過ぎます。体力は温存させておくことにして、周りを歩きまわらず、静かに開場を待ちます。それほど寒すぎず、暑すぎずで助かりました。

指定された入場ゲート前に並び、開場を待ち、自分の席へ。初めての「デジタル発券」とは何ぞや?と思っていたら、紙チケットも発券されるので、席を確認します。

スタンド席なのでステージははるか遠く。買った双眼鏡を出してみて、顔が見えないことは確定したけれど、もうそれはいい。この場に来られているからそこはもういい(笑)。(教えてもらった「眼に良いサプリ」を飲んで、対応しました)優しい先輩と友人がこまめに連絡をくれて、時間が過ぎていきます。開演まではSixTONESの曲のインストゥルメンタルが流れます。インストゥルメンタルもいいんですよ♫

そして始まるステージ。初めはメンバーがどこから出てくるのかわからずキョロキョロしていると、空中から現れる!

双眼鏡はやはり倍率が合わず、一番近くに見えるのが誰なのかわからないけれど、ピンと張ったフードの立ち上がりを見て きっとあのメンバーだと予想。(もっと高倍率の双眼鏡を買い直すことを心に誓う(笑))

よくコンサートのセットリストや途中の会話をメモして記事にされている方が居られますが、あれはすごいと思います。私にはまだまだ到底無理な話で、何も覚えていられない。 

歌い、踊り、喋りまくる(MCが長くて面白い✩)彼らを見ているうちに、ここに来られて良かったなあとしみじみ。うれしい。幸せ。生の音を聴けるって本当にうれしい。大好きな曲も歌ってくれたので更にうれしい♡

そして彼らも「今、幸せだなあ」と感じてくれていたらいいなあと思います。ファンは応援するしか出来なくて、もうとにかく彼らが幸せであってほしい。ただそれだけしかないなあと。

今日の公演も、彼らにとって叶えたい夢の途中の1日に過ぎない。私はここに来られて幸せ、と直接言葉で伝えられなくて、伝えるには、せめてペンライトを振ることしかできない。海のように波打つペンライトの光の一粒にしかなれないけれど、これを見て幸せと感じていてほしいなあ。ちなみに今回のペンライトはヘッドホン型。耳当て部分が光る仕組み。振るにはめちゃくちゃ重いのですが、光の数は2倍になっているはずです✩

銀テープが ぱーんと放たれて、あっという間に楽しい時間は終わり。規制退場に従って会場を出ました。

あの時感じた幸せな気持ちは今も残っていて、まだタガが外れたような感覚があります。歴は浅いけれどこれからも楽しく応援していきたいなあと思います✩

 

【メモ】

◯ カバンを小さくする=財布も替える、などカバンの工夫

◯ 荷物を床に置くので、まとめるための大きめビニール袋が必要

◯ 会場に着く時間など時間の余裕が必要

◯ 水分補給のタイミング。トイレ待ちがすごい。

◯ ステージが良く見えるためのサプリを忘れずに。

◯ とにかく当日は元気で楽しむ!

 

いつかあなたの推しの話も聴かせてくださいね。

 

心理カウンセラーのよこたに より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未分類の最近記事

  1. 推しは推せる時に推せ!SixTONES

  2. よこたに今年のベストバイ 2023年版

  3. わくわくと、しみじみ

  4. 茶籠

  5. 坂本龍一さん

関連記事

PAGE TOP