ゆっくりお話ししましょう

  1. その他
  2. 27 view

学びを得る

あるべきようわ。

こんばんは。

心理カウンセラーのよこたにです。

 

先日、あるお客様とお目にかかる機会がありました。(カウンセリングのクライアントさまではありません)

面識を得てから10年以上経ちますが、控えめにいって、知る限りのどなたからの評判も良くありません。あまりにも皮肉が多いため、大概の方はそこに引っ掛かり、気分を害されます。私自身も経験がありますし、その方の言動への苦情を度々聞くこともまた、苦行でした。

「こういう方だから、仕方がないよね」と 割り切る事は出来るようになりましたが、頭の中に大きな「?」がいっぱいになることも しばしばでした。何が言いたいのか わかりかねる時は「そのような(理解し難い)ご意見を聞くのが初めてなので、今 とても驚いております!」とお伝えするのが精一杯でした。

 

カウンセラー目線で、この状況をどう見たら良いのか。どう対応したら良いのかなあと(勝手ながら)考えてみたことも数知れず。

でも「そもそも この方がカウンセラーの元へ行くだろうか?」という、私の心のツッコミが入り続けるため、それもままならず。

 

ならば、ということで

この方と出会った意味とはなんだろうか、(反面教師として)学びを得られる点を考えてみました。

 言いたいことは、わかりやすく伝える。 他人に感謝する。他人に愛情をもって接する。自分の弱さを受け入れる。

 

……………自分もまた、出来ていないことばかりですし、なかなか、深いものをたくさん伝えて下さっています。何だか、とてもありがたく思えてきました。ありがとうございます!直接お伝えはいたしませんけれど、ちょっと気が楽になりました。

 

心理カウンセラーのよこたにでしたよ。

 

お読み下さりありがとうございます。

 

 

その他の最近記事

  1. 学びを得る

  2. 根本裕幸 お弟子さん講座に 5期のファシリテーターとして参加しました

  3. 2022年 あけましておめでとうございます

  4. 2021年をふりかえる~時間をうまく使う~

関連記事

PAGE TOP