ゆっくりお話ししましょう

  1. ココロノマルシェ(ご相談)
  2. 41 view

ココロノマルシェへのご回答 その24 鍋ちゃんさん へ ~私は私。~

あるべきようわ。
こんばんは。
心理カウンセラーのよこたにです。

今回は師匠根本裕幸の主宰する
オンライン無料カウンセリング
「ココロノマルシェ」に寄せられたご相談に
回答してまいります。

 

ご相談はこちらです▽

女性との付き合い方(愚痴・陰口)について

鍋ちゃんさん

初めまして。
よこたにと申します。
よろしくお願いいたします。

鍋ちゃんさんは
女性からの陰口や愚痴にまつわることで
悩んでおられるのですね。。。

今回のご相談の中に「愚痴」という言葉が
何回も出てきているので
相当困っておられるのだろうなとお読みしました。

鍋ちゃんさんは相手の方からの
「愚痴」をどんなお気持ちで
聞いておられるのでしょうか。
聞いた後はどんな感想をお持ちなのでしょうか。

またなの?

長いなあ。
うっとおしいなあ。。。
嫌だなあ。
早く終わらないかな
なんでこんなにネガティブなのかな。。。
何故、私にこの話を話してくるんだろう と私だと思ってしまうと思います。

また、初対面の方からの
愚痴を話される例も書いて下さっていましたが
いつどこで愚痴を聞かされるか わからない と
思ったら、ついつい身構えてしまいますよね。

お目にかかっていませんが
鍋ちゃんさんには
・心の弱さを受けとめてくれる。

・自分の心の内を思わずさらけ出したくなる

そんな雰囲気がおありなのですね。
それは鍋ちゃんさんの
すてきな魅力の一つだと思います。

きっと落ち着いて静かに優しく
お話を聞いておられる鍋ちゃんさん。
愚痴を言われた後に
相手はスッキリ!していても
ご自身は、何だかなあ。。。。。。と
感じておられるから
こちらに投稿されているのだと思います。

愚痴を言われたくない。。。
ということでしたね。
では、これからしばらくは
「私は私。他人は他人」という言葉を
常に意識なさってみて下さいね。

ご自分と他人との間に
しっかり くっきりと線を引く。

引いた線の中にある鍋ちゃんさんの
テリトリーには決して
他人からの愚痴を入り込ませないようにする
そんな、バリアを作っておくイメージです。

相手の愚痴は相手のもの。
鍋ちゃんさんのものではないはずです。
「この方は、こう考えているんだな」と眺める。

もし、心に余裕があれば
「この方は私に愚痴を言うことで
ご本人としてはどうしたいのかな?
どうなりたいのかな?」を
考えてみても良いかと思います。

ただ、聞いてほしいだけ なのか。

鍋ちゃんさんに対しての悪意があったり
嫌な気持ちを
わざわざ感じさせようとしているわけではないと
思われますが、その辺りはいかがでしょうか。

愚痴、と感じるということは
恐らく鍋ちゃんさんにとっては
「要らないなあ…」と思う内容なのだと思われます。
どうしても受け止めたくないと思うときは
「ごめんなさい」してもよいと思います。
その方なりの
コミュニケーションの取り方なのかもしれませんが
愚痴ばかり聞くのは疲れてしまいますものね。

本人がいない所で悪口を言っているのに
本人にはすごい笑顔で話しかける。
という事について。。。

決して美しくはないですよね。
ちょっと見たくないなあと思うお気持ちもわかります。
でも。これはある種の処世術かとも思いますし
「あんたのことなんか嫌いなんや!
(なぜか関西弁)」と
相手にありありとわかるようにふるまうというのも
ある意味美しくない面があります。
鍋ちゃんさん発信ではこのような事はするまい、と
心に決めて実行されればよいかとも感じます。
もしくは
「これから関わっていく人はお互いの心の中の
どんな面を見せても、見られても平気。
そんな 愛し愛される相手が
周りにたくさんいるという人生を選ぶ」と
心に決めるというのもよいかと思います。
また、激しすぎる二面性があるような方とは
やはり一線を引いておく、と
心の中で決められたら良いかなと、感じました。

ここでも「私は私。他人は他人」
活用なさってみて下さいね。

また、初めの方にある
「女性の陰口や愚痴に悩んでいます」や
終わり近くの
「女性ともう少しうまく付き合う秘訣を知りたい」という
文章をお読みしていて
鍋ちゃんさんが
ご自身で感じておられる以上に
女性の方と接する事への苦手意識が
おありなのかもしれないと感じました。

鍋ちゃんさんは女性について
これまで
どのような印象をお持ちでしたでしょうか。
男性に対してはいかがでしょうか。
このあたりもお聞きしてみたいと思いました。

鍋ちゃんさんが
女性なのか男性なのかわかりかねるのですが
女性であるならば、同性である
女性の陰口や愚痴に悩んでいるという状況は
さぞ息苦しいだろうなあ と感じます。

まずは「女性は私の味方」と心に決めてみるのは
いかがでしょう。
女性は敵ではない、と考えたら
少し気持ちが楽になれるかも、と思い
ご提案しました。

お友達も、未来に出会う方は
「心から信じられる友達が現れる」と
決められてはいかがでしょうか。

意外なきっかけから
鍋ちゃんさんの望むような方と
出会えるかもしれません。
今はおられなくても
これから安心して付き合える友達が出来る!と思えば
この先が楽しみになってくると思います。

鍋ちゃんさんのご参考になれば幸いです。

 

鍋ちゃんさんが
どうか周りの方とくつろいだ気持ちで過ごせますようにと
心からお祈りしております。

 

心理カウンセラーのよこたにでしたよ。

 

お読みくださりありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココロノマルシェ(ご相談)の最近記事

  1. ココロノマルシェへのご回答 その25 ほたるさんへ ~価値を認める~

  2. ココロノマルシェへのご回答 その24 鍋ちゃんさん へ ~私は私。~

関連記事

PAGE TOP