ゆっくりお話ししましょう

  1. ココロノマルシェ(ご相談)
  2. 51 view

ココロノマルシェへのご回答 その25 ほたるさんへ ~価値を認める~

あるべきようわ。
こんばんは。
心理カウンセラーのよこたにです。

 

今回は師匠根本裕幸の主宰するオンライン無料カウンセリング
ココロノマルシェに寄せられたご相談にお答えしてまいります。

今回のご相談はこちらです▽

関係修復のために私ができることは何でしょうか

 

 

ほたるさん。

改めましてどうぞよろしくお願いいたします。
ほたるさんは以前お答えさせていただいた方と同じ方でしょうか。
▽参考:以前のご回答記事はこちらから▽

ほたるさん。
色々と頑張っておられたことが伝わってきます。
ご自身の内面に向き合い、自分を大切にするべく 過ごした結果
ある程度自分軸を取り戻せた、とのこと。

まずは「本当におつかれさまです」とお伝えしたいです。
“金銭的にも体力的にもギリギリ“の中でいらしたなら
書かれている以上に苦しい時間だったかもしれませんね。
体調は大丈夫でしょうか。
お食事は召し上がっておられるでしょうか。

これほどまでにご主人のことを大切に思っておられていること。
ほたるさんがご主人との生活を取り戻したいと思っての行動だと思うと
その愛の強さや大きさに、こちらも胸が苦しくなるように感じました。

それほどまでに ほたるさんは頑張ってきたのに。

ご主人が”話し合いにもならないような態度”で接して来られると
悲しく感じられるのも無理のないことだと思います。

ところで。
色々と考えて、行動した結果
「ご主人と別れてもいいか」という気持ちになっても
ご主人の態度によって「別れたくない100%」になるのは何故だと思われますか。

”傷つけられたのに相手の希望に従うことで「負け」を認めたくない気持ちがある”
と書いて下さっていましたが
ご自分の頑張りや努力を認めて下さらないご主人に対して
かなしみなどがこれまで以上に募っておられるのではないでしょうか。
ご主人に浮気をされてから、別居に至っている今まで
ほたるさんはご自分に向き合ってきたのに
ご主人は ただただ「離婚したい」を主張するばかりでしたら
やりきれない気持ちが相当おありなのではと思うのですが、いかがでしょうか。

”傷つけられても嫌いにならないほど”
”離婚したくないほどに愛している”
とは、並大抵の人間には言えない科白です。
ほたるさんはそれほどまでにご主人を愛しておられていますが
そんなご自分の事を今、どのように思っておられますか。
何回も何回もくりかえしご主人に対して
向き合おうとされているご自分の事を労ったり
傷つけられてきたご自分の事を慰めたり
がまんや努力を認めることはできておられますでしょうか。

もしかすると「深く愛した方が負け」という気持ちはありませんか。
少なくとも現時点では、ほたるさんからご主人に向けての愛の方が
ご主人からほたるさんに向ける愛より大きいように感じます。
個人的に、愛に勝ち負けは無いと私は思っています。
競うものではないと思いますから。

でも、こんなにも器の大きいご自分の事を、ご自分の大きな愛を、ちゃんと見つめる事が出来ておられますか。
愛する方が負けと思っておられるのならば
愛を深める事への恐れをお持ちかもしれないと感じました。
「深く愛した方が負け」というルールがあるとすれば
(量を測って勝ち負けを競うということであれば)
ほたるさんの方が負け、となります。
ほたるさんはご自分が負けた としたらどんな気持ちでしょうか。
かなしいでしょうか。
みじめな気持ちでしょうか。
でも、ほたるさんが負けた、と私は思いません。
愛した方が負けだとしたら、負けた方が良いと思いますし
むしろ、すばらしいことだと思うのです。

八方塞がりとも思える状況かもしれません。
でも、ほたるさんがまだ打っていない手があるとすれば
・  ご自分自身と向き合い続けたという、これまでの行動の価値を認める
・(不本意かもしれませんが)ご主人への愛を認めきる事なのだと思います。

生涯の中で、それほどまでに愛せる人とめぐりあっていること。
それだけの大きな愛を持って生きておられること。
そんなご自分を、まずは何よりも大切にしていただきたいのです。

そして、ご主人と寄り添える日々が戻ってきたとして
「その後」をどうやって過ごしていくか、も
必ずイメージしておいていただきたいと思います。
ご主人とほたるさんがもう一度一緒にいられるようになるために
色々と取り組んでおられる毎日。

でも。
そこで終わりではないはずですよね。これから、のための行動だと思います。
お二人の結婚生活をもう一度始めるために
ほたるさんがエネルギーを注いでいるこの日々。
これを今後に活かすにはどうしたらよいのか。
そのためのイメージングも宜しかったら試してみていただければと思います。
今しばらく苦しい日々が続くかもしれません。行きつ戻りつで、何も変わらないように見える事も多いかと思います。
でも、どうかまずはご自分の為されたことの価値を認めるようになさって下さいね。
それがこれからのほたるさんの人生に
必ず大きな実りをもたらすと思います。
無理のないように、ほたるさんがご自身の幸せのために進んでいかれますように。

 

心理カウンセラーのよこたにでしたよ。

 

お読み下さりありがとうございます。

 

 

 

 

ココロノマルシェ(ご相談)の最近記事

  1. ココロノマルシェへのご回答 その25 ほたるさんへ ~価値を認める~

  2. ココロノマルシェへのご回答 その24 鍋ちゃんさん へ ~私は私。~

関連記事

PAGE TOP